仕事の話。

今日は仕事でした。

仕事と言っても、短時間パートです。

今の職場、かなり良心的で理解のある職場で、週20時間以下でも雇ってもらってます。

ただ、収入が少ない(;;)

それに、やっぱり企業が障害者を雇うのは週20時間以上働ける人を雇うのが普通なわけで。

なんとなく肩身が狭い。。

ってことで、少しずつ働く時間を増やしていこうと思いました。

ほんで先日。

勇気出して、時間を増やしてもらえるかを聞いたところ、OKとのこと。

早速、来月から時間を増やす流れに。

そこで、どんな形で時間を増やすのか。

上司からの選択肢としては、日数を増やすのか、一日の就業時間を増やすのかの提案が。

これは至って普通ですよね。

で、どんな形で増やしていくのか考えてきてと言われてました。

自分の中で、まずは一日三十分増やすか、週の労働日数の半分を一時間増やすか程度から始めたいなと思ってました。

そして今日。

上司と話す機会があり、労働時間を増やす話、どんな形で増やすかの話し合いに。

希望を聞かれたにも関わらず、なんとなく、週20時間以上を期待されてるんじゃないかと思ってしまい、一日につき一時間増やすと言ってしまいました。。

それで、その話はまとまり、帰路につきました。

だけど、頭の中で後悔と迷いがぐるぐる。

結局、職場に電話して、電話に出た総務のおばさんに全て話しました。。

すると、本人の希望が一番だから!上司にその意向を伝えておくから!と言ってもらえました。

ただ、その総務のおばさん、かなり意地悪で今までに何度も意地悪をされてる人。

しかも、内容的にも、やっぱり自分で直接、上司に言うべきだったなとまたまた後悔の念が。。

なんていうか、この性格。

ほんと厄介。

内弁慶で、自己主張が苦手で八方美人。

あとでぐずぐず後悔したり悩んだり。

断りたいのに断れない。

ただ、自分をひたすら否定しても始まらないので、自分の意向をもう一度整理した上で、やはり上司に伝えるしかないかなと。

一日三十分だけ延ばすのも微妙なので、労働日数の半数を一時間増やす方向でお願いしてみようかと。

明日は仕事。

上司も出勤です。

果たして言えるのだろうか。。

顔を見るとまた言おうと決めてた決意が揺らぎ、言えないパターンも。

とりあえず、明日、無事に出勤することが第一目標。

そして、上司に時間を取ってもらうことが第二目標。

最後に、自分の意向を改めて伝え直すことが第三目標。

こんな感じで小さな目標設定で乗り切りたいと思います!

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です